本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、職員投稿ブログ 「ふちゅうに夢中」の下の、2013年01月です。

職員投稿ブログ 「ふちゅうに夢中」

月別アーカイブ: 2013年01月

ラジオ収録

2013年1月31日(木)

ご存知ですか?

市長が定期的にラジオに出演していること。

 

エフエムふくやま「レディオBINGO」に出演させていただき府中市の情報を発信しています。

 

ちなみに放送は毎月第2金曜日の7時50分頃第4月曜日の17時10分頃です。

 

通常は市長室で収録するのですが、先日はスタジオにお邪魔しました。

ラジオ局

今後は定期的に市長のラジオ放送の内容をこのブログでも紹介していきますのでお楽しみに

 

 

今回ご紹介するのは、1月11日(金)に放送された「広報の見直し」についてです。

 

(パ)…パーソナリティ  (市)…市長

(パ)正直、市や県の広報ってあまり読みませんよね。今、それに力を入れているというのはどういうことですか?

(市)お役所の広報誌はお堅いイメージで、役所からの一方的なお知らせなどが多く、読んで楽しいというようなものではなかった。事実、読まれないから広報を廃止したり、発行回数を減らしたり、新聞広告の形に変えたりする自治体もある。府中市の広報も、3年位前まではそうしたものだった。

 しかし私は、やはり市広報は、自分たちの市のありようを市民に知ってもらう大切なものだから読まれないなら読まれるようにしなければ考えた。以前の広報と最近のものを見て欲しい。表紙も内容も全く変わって読みやすくなったと思う。

(パ)そうですね、だいぶ印象が違いますね。何か役所の広報っていうよりグラフ誌のような感じですね。

(市)ありがとうございます。表紙も断然魅力的に、中身も以前は活字中心だったのが、今は図表や写真を多用して、見出しの工夫をしたりして、本当に読み易くなったと思う。今のスタイルになるまで一年以上も、担当職員だけでなく、若い職員を中心に庁内で検討グループをつくって努力してくれた。おかげで市民の反応もずいぶん手ごたえのあるものになってきた。

(パ)お役所もやればできるんですね。なぜやらない所が多いんでしょう?

(市)私が広報を重視するもう一つの理由は、職員の情報発信に対する姿勢が如実に表れるからです。「この情報を市民に知らせたい」という熱意がないと、広報は熱いものにならない。だから読まれないからあきらめるというのはやはり間違い。自分たちの姿勢こそ見直すべきで、それが広報に表れる。

(パ)一年以上、広報の見直しに努力したということですが、どんなことをされたのですか?

(市)まず表紙や紙面づくりなど、見た目を変える技術的な努力。雑誌編集経験のある人を嘱託職員に来てもらって、編集技術を伝授してもらった。結果、活字は最小限、ビジュアルな記事づくりのテクニックが担当職員についた。しかし一番のキモは、コンテンツの見直し。これは記事を提供する各職場の意識を変えないといけない。いくつかの方針を出して、職員の記事づくりの姿勢を変える努力をしている。

①市民が知りたいことを書くこと。お役所の押し付けはダメ。

②先取りした記事を書くこと。アリバイ記事はダメ。

③行政用語、専門用語を使わないこと。うちのおばあちゃんが読んでわかるように、など。

こういった姿勢の定着を図っている。

(パ)広報誌以外にも何かされているんですか?

(市)ホームページには職員ブログ「府中に夢中」を設けて、市内のどこでこんな花が咲いていますよ、このイベントはここが見どころですよ、など皆イキのいい府中市の情報発信にいそしんでいる。市のホームページ自体も大分見直したし、今も見直しに努めている。

市勢要覧という市の公式紹介資料がどの市にもある。これなどお堅いパンフレットの典型だが、府中市のものは、市民の写真集のようなフランクなものに変えた。お客さんにも好評をいただいている。私がこうして毎月レディオBINGOに出させてもらっているのもその一つ。今後もよろしくお願いします。

 

from.人事秘書課 ティー

府中市議会の議会報告会

2013年1月30日(水)

1月28日から始まりました、

府中市議会の議会報告会
開かれた議会を目指し、議会がやっていることをお伝えし、

市民の皆さんからご意見を伺うことで、今後の議会活動にいかしていこうと

議員全員で取り組んでいます

 
4班に分かれて4日間で行う

2日目(1月29日)の会場は国府公民館です

国府1

 

 3つの常任委員会から活動報告を行った後の意見交換会では、

地域の課題や議員定数、南北道などについて質問が出されました。

国府2

 
普段は質問する側の議員も、今回は答弁する立場です。

国府3

 
寒い中ご参加いただきありがとうございました
議会報告会は、あと2会場。

今日(1月30日)は上下町民会館

明日(1月31日)はクルトピア明郷で、

どちらも午後7時から行います。
ぜひ、積極的なご意見をお聞かせください

 
from 議会事務局 ねんざ

府中市と言えば「小中一貫教育」!

2013年1月29日(火)

その全国サミットが、

1月17日(木)~1月18日(金)

京都市で行われ、

全国から1,200名以上の方が参加されました。

小中一貫01

 

各ブースで府中市の取組みも全国へ発信

こんな風に写真を撮られる方もいらっしゃいます。
小中一貫02

 

2日目の分科会会場において、

「府中学園」

小中一貫教育の実践発表を行いました。
とてもわかりやすい発表で、

先生方の熱い思いがジーンと伝わります

小中一貫03

小中一貫04

 
会場の皆さんが熱心に聞かれておられます

小中一貫05

 

助言者である

京都産業大学 西川信廣教授から

高い評価をいただきました。
小中一貫06

 

発表後、多くの参加者からも

「ぜひ、参考にしたい」という声も・・・

 

これからも、

小中一貫教育のさらなる推進をめざし、

取り組んでいきます

 

from 学校教育課 the Cape

いしのまき日記 その20

2013年1月28日(月)

おほんっ!

 

えー、みなさま…

ワタクシ、この度…

 

「ブログ大賞2012」

 

なるもを頂きまして…。

 

「内輪でなにやってるんだ?!」

そんな冷ややかな声も聞こえてきそうですが、

こういう“大人の遊び心”、個人的に大好きです。

大切にしていきたいですね。

 

そして、何を隠そうこのワタクシ、、

 

“褒められるとノリノリになる性格”なんです・・・、とても。。

 

なので、温かい目で見ていただければ幸いです。

賞品が何か気になるところですが、次回の帰省まで楽しみにしたいと思います。

 

 

ということで今回は、帰省をテーマにお話しますね。

 

 

帰省の際はいつも飛行機を利用しています。

飛行機1

(ボンバルディア社製のCRJ700という機体)

70人乗りの小型ジェット機で、広島空港から仙台空港まで1時間30分。

一日一便だけですが、とてもお世話になってます。

 

機体にはこの文字。

飛行機2

 

上空10,000m、時速700kmの世界で見る夕日。

飛行機3

…とても美しいです。。

 

 

つづきまして、列車の旅もいいですよね♪

はやぶさ1

東北新幹線E5系“はやぶさ”(仙台駅にて撮り鉄)

東京駅から仙台駅まで1時間40分。

 

こちらも車体には、

はやぶさ2 はやぶさ3

の文字。

 

はやぶさ4

東北の風景によく合うデザイン。

新幹線の中では一番好きな車両です。

 

 

最後は少し主旨から外れますが、今一番乗りたい乗り物で…。

フェリー1

 

フェリー2

苫小牧港と仙台港を結ぶフェリーなんですけど。

 

苫小牧からコレ↓持って乗りたいですね。。。

フェリー4

 

では。

 

 

・本日の一曲:吉田拓郎/「落陽」
(この世界観、味わってみたいです。)

 

from.石巻市 さんずい(府中市派遣職員)

 

(あとがき)

冒頭の“おほんっ!”。

2/2(土)アンテナさんのイベント“音本ッ♪”からパク・・・。

いや、引用させていただきました。

“音楽”と“本”、大好きな2つを楽しめるとなれば、行くしかないですね。

みなさんもいかがですか?

ウオーキングで楽しい1日

2013年1月25日(金)

1月20日(日)、府中市教育委員会主催の
「府中市健脚大会」が開催されました

 

この健脚大会は、体力づくりと健康づくりを目的に、

JR福塩線の備後三川駅(世羅町)から、府中市中心市街地にある

府中市生涯学習センターまでの約27㎞をウオーキングするイベントで、

今回で40回目の開催となりました
 

この日は、150名が備後三川駅前に大集合
スタート前に、まずは念入りに準備体操です。

準備体操

 
午前9時30分、一斉にスタートしました

一斉にスタート

 

しばらくすると、先頭と最後尾の距離が広がっていきます。

参加者

 

皆さ~ん、マイペースで歩いていきましょう

参加者

 

途中、八田原ダムの夢吊橋を通ります。

夢吊橋1

 

ここでは、記念に写真撮影される人の姿も見られました

 夢吊橋

 

休憩ポイントの久佐スポーツグラウンドでは、
温かい豚汁のサービスもあります

実は、この豚汁を楽しみに毎年参加されてい
る方も多いのです。

温かい豚汁をどうぞ

 
美味しい豚汁を食べて、ゴールを目指して再スタート

 

…。あれ??
しっ、しまった~!
後半戦の写真を撮り忘れてしまった~

と、いうことでブログはここで終了…。

 

3名のリタイヤがありましたが、147名は無事ゴールへ
約27㎞を完歩した証である「完歩証」の交付を受けられました

今年も多くの参加をいただき、ありがとうございました

来年の参加もお待ちしています

 

 

from 生涯学習課 O

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです