民有地内の土砂やがれきの撤去、災害ごみの持ち込み・収集、水路土砂の撤去

府中市独自の撤去支援

平成30年7月豪雨により被災された人の生活の早期再建と復旧を目指し、特例的に府中市独自の撤去支援を行います。

被災した民有地内の土砂やがれきの撤去

民有地内の土砂やがれきは、町内会やボランティアによる支援を含め、自ら処理していただくことを基本としています。しかし、いまだに自力での撤去が困難な場合、早期の生活再建や、公衆衛生上の観点から、損害の程度に関わらず、家屋内を除く敷地内の土砂やがれきの撤去を行います。

府中市環境整備課 電話:0847-43-9222 ファックス:0847-43-9223

被災家屋の解体

被災家屋の解体については、個人財産であることから、所有者による対応が原則となりますが、全壊の場合やいまだに家屋内に土砂・汚泥が残っているなど生活再建に支障があり、解体を検討される場合については、個別に相談をお受けします。

府中市環境整備課 電話:0847-43-9222 ファックス:0847-43-9223

災害ごみの持ち込み

7月5日からの大雨による浸水被害などで家庭から発生したごみ(災害ごみ)を、市クリーンセンターに直接持ち込んでいただいた場合でも、減免対象になります。

搬入時間 9時~12時、13時~16時(土日・祝日を除く平日)
対象となるごみ 災害ごみ
減免に必要な書類 罹災証明書(受付時に必要ですが、後日の提出も可能です)

  • 災害ごみとは、災害によって発生した家庭からでる家財などの粗大ごみ(壊れた家具、たたみ、ふとんなど)です
  • 通常の家庭ごみ(生ごみなど)は対象になりません

災害ごみの収集

災害ごみの個別収集については、相談してください。

受付時間 8時30分~17時15分(土日・祝日を除く平日)

府中市環境整備課 電話:0847-43-9222 ファックス:0847-43-9223

水路の土砂の撤去

水路から溢れたり、家の敷地等に流入した土砂・木枝などについては、市の環境整備課や整備保全課が、地域の整備状況などを確認しながら連携して撤去にあたります。

災害が広範囲に及んでいるため、具体的な日時等は即答できませんが、地域生活の安全と環境生成の確保のため、早急に対応します。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 建設産業部 環境整備課
庶務管理係
〒726-0002 広島県府中市鵜飼町74番地2
電話:0847-43-9222(窓口業務時間
ファックス:0847-43-9223
​​​​​​​
メールによる問い合わせ