府中市不妊治療費助成事業

外受精または顕微授精の不妊治療を受けられているご夫婦について、治療費の一部を助成する「不妊治療費助成事業」を行っています。不妊検査および薬物療法や人工授精を含めた一般不妊治療の助成については府中市不妊検査・一般不妊治療費助成事業をご覧ください。

助成を受けることができる人

次の要件をすべて満たす人です。
・法律上の婚姻をしている夫婦であって、双方またはいずれかが府中市に1年以上、実際に居住している人
・広島県の不妊治療支援事業の不妊治療費助成の承認決定がされている人
・市税等を滞納していない世帯
※1年以上居住していない場合でも、府中市に定住するなど市長が特に認める場合は、助成を受けることができます。

助成内容

医療機関で行った、体外受精または顕微授精に要した費用(入院や食事代など治療に直接関係のない費用は除く。)に対して、広島県の不妊治療費助成金額を除いた費用のうち、1回25万円を上限とし助成をします。
助成期間及び助成回数は広島県の不妊治療支援事業と同じです。

申請方法

まず、府中市に申請する前に、広島県の不妊治療費支援事業に申請をしてください。詳細については広島県ホームページ(広島県不妊治療費支援事業)をご覧ください。
広島県の不妊治療費支援事業の給付決定が決定した日の翌日から起算して1か月以内に、健康推進課元気づくり係(リ・フレ内)に、次の書類を提出してください。

申請に必要なもの

・府中市不妊治療費助成金交付申請書(PDF)
・広島県不妊治療支援事業承認決定通知書(写し)
・広島県の「不妊治療支援事業申請書」に添付した「不妊治療費助成申請に係る証明書」(写し)
・医療機関が発行する領収書(写し)
・印かん
・その他市長が必要とする書類

助成の決定について

書類審査後、決定通知書を送付します。
助成の決定を受けた人は、同封する「府中市不妊治療費助成金請求書」を府中市健康推進課元気づくり係に提出してください。申請受理からおよそ2か月程度で指定口座に助成金を振り込みます。

詳しくは、府中市健康推進課 元気づくり係(リ・フレ内)へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 健康推進課
元気づくり係
〒726-0011 広島県府中市広谷町919番地3(リ・フレ内)
電話  :0847-47-1310 (窓口業務時間
ファクス:0847-47-1320

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください

健康づくり係
〒729-3431 広島県府中市上下町上下2101番地(上下保健センター内)
電話  :0847-62-2231(窓口業務時間
ファクス:0847-62-4564