本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、くらしの情報の下の、生活と住まいの下の、生活衛生です。の下の、犬の登録と狂犬病予防注射

くらしの情報

犬の登録と狂犬病予防注射

このページを印刷する

生後91日以上の飼い犬は生涯1度の登録と、毎年1回の狂犬病予防注射が法律で義務付けられています。毎年春に市が行う集合注射や動物病院で受けることができます。

料金

料金
登録している犬 予防注射実施料
(注射済票交付手数料500円含む)
3,000円
登録していない犬 登録手数料(3,000円)と
予防注射実施料(3,000円)
6,000円

注)府中市内で犬の所在地や所有者が変更となる場合は、市民課まで届け出てください。市外へ変更となる場合は、転出先の市役所または保健所などへ届け出てください。

府中市が委託する動物病院

府中市が委託する動物病院
開業医院名 所在地
小玉獣医科 府中市高木町322-1
林原動物病院 府中市用土町138-1
下江動物病院 福山市市新市町戸手1003-1
セラ動物病院 世羅郡世羅町西上原461-1
  • 注) 府中市及び府中市が委託する上記の動物病院以外で狂犬病予防注射を受けた場合は、注射済票の交付がありません。
  • 注) 鑑札と注射済票は、飼い犬の首輪等に付けておく必要があります。他の機関で注射を受けた場合、市民課又は上下支所で注射済票を交付しますので、注射済票と手数料を持参してください。

ペットを飼うには、まず飼い主のマナーから

動物を捨てることは犯罪です!

最高100万円の罰則が科せられます。(動物の愛護及び管理に関する法律)

捨てられた動物は、事故や病気に苦しみながら、悲惨な最期を迎えます。

 

最近、犬・猫に関する苦情が多く寄せられています。

飼い主はマナーを守り、周りの人に迷惑をかけないように心がけましょう。

  • 犬を飼うときは、登録と狂犬病予防注射を必ず行いましょう。
  • 犬の鳴き声は周囲に迷惑です。十分に運動をさせましょう。
  • フンは必ず飼い主が持ち帰りましょう。
  • 犬の放し飼いはやめましょう。
  • 猫はなるべく屋内で飼いましょう。
  • 愛情を持って、最後まで面倒を見ましょう。
  • 無駄な繁殖を防止するため、避妊去勢手術など責任をもって最後まで飼いましょう。

野良犬・野良猫にはえさを与えないでください

野良犬・野良猫にはエサを与えないようにしましょう。

最近、府中市内において、道路や墓地、私有地などに、故意にエサをまく事例が複数発生しています。

無責任にエサを与えていると、その地域に集まり、フンをしたり、庭や畑を荒らしたりして、地域の方々に迷惑をかけることになります。
「可哀想だからどうしてもエサを与えたい」と思われる方は、最後まで責任を持って飼ってやってください。
また、野良犬等を捕獲することができるのは、獣医師の資格を持った動物愛護担当職員がいる動物愛護センターだけです(狂犬病予防法第6条)。

飼い主の分からない犬等を見かけたら、動物愛護センターまでご連絡ください。

野良犬に関しては広島県動物愛護センターにご連絡ください。

広島県動物愛護センター

場所:三原市本郷町南方8915-2
電話:0848-86-6511

お問い合わせ

広島県府中市 健康福祉部 市民課
〒726-0011 広島県府中市府川町315
電話:0847-43-7207 (窓口業務時間
FAX:0847-47-1320
メールによるお問い合わせ

※メールによる申請はできませんのでご注意ください。

このページを印刷する

生活衛生へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです