戸籍謄本・住民票の写しなどの郵送による請求

郵便による請求

戸籍・除籍の謄抄本(全部・個人事項証明)、住民票の写し等は郵便で請求できます。 電子メール及びお問い合わせメールによる申請・請求はできませんのでご了承ください。

次の書類を同封して郵便で請求してください。

  1. 必要事項を記入した請求書
  2. 手数料(必ず郵便局の定額小為替でお願いします。)
  3. 必要な切手を貼った返信用封筒
  4. 請求者本人の本人確認書類(運転免許証等)のコピー
  5. 委任状(代理人の場合)

※ 返送先住所は、住民登録地または身分証明書に記載された住所になります。

請求書の書き方

本籍地で証明を受けたいとき

[戸籍・除籍謄抄本(全部・個人事項証明)、戸籍の附票、身分証明書等]
  1. 本籍地
  2. 筆頭者
  3. 何が必要なのか(謄本、抄本等)
  4. だれのものが必要なのか
  5. 必要な部数
  6. 請求理由(何に使われるのか)を詳しくお書きください
  7. 提出先
  8. 請求者の住所・名前・昼間に連絡のとれる電話番号

※ 請求理由によっては請求を受け付けない場合があります。

※ 請求には、証明してほしい人との関係が分かる資料の添付が必要な場合があります。

(例:府中市にある戸籍などで証明してほしい人との関係が確認できない場合等)

※ 返送先住所は、住民登録地または身分証明書に記載された住所になります。

※ 相続の手続のために戸籍が必要な人は、亡くなられた人の名前と必要な期間(出生から死亡まで等)をお書きください。

※ 府中市では平成20年に戸籍の電算化を行ったため、電算化前に結婚や死亡で除かれた方は現在の戸籍には記載されません。だれのものが、どの範囲で必要なのかを請求書に詳しくご記入ください。また、戸籍の附票も同様に電算化されていますので、証明書に必要な住所を詳しくご記入ください。したがって、請求内容により戸籍・附票は複数通発行となる場合があります。

詳しくは問い合わせください。

住所地で証明を受けたいとき

[住民票の写し、住民票の除票の写し等]
  1. 証明してほしい人の名前・住所・生年月日・世帯主名
  2. 何が必要なのか(住民票の写し、住民票記載事項証明等)
  3. 必要な枚数
  4. 請求理由(何に使われるのか)を詳しくお書きください
  5. 提出先
  6. 請求者の住所・名前・昼間に連絡のとれる電話番号

※ 請求には、証明してほしい人との関係が分かる資料の添付が必要な場合があります。

※ 返送先住所は、住民登録地または身分証明書に記載された住所になります。

詳しくは問い合わせください。

郵便による転出証明書の請求

府中市から市外に引っ越しした場合、府中市で転出届を行った後、転出証明書の交付を受け、それを持って、引っ越し先の市町村で転入届を行うのですが、府中市で転出届を行わずに引っ越し先に行かれた場合は転出証明書を郵便で請求することができます。(手数料は無料ですが、切手を貼った返信用封筒は必要です。)

転出の際、別途手続きが必要な場合がありますので、詳しくは、お問い合わせください。

郵便による転出証明書の請求書の書き方
  1. 異動日(引っ越しした日)
  2. 府中市での住所と世帯主名
  3. 新しい住所と世帯主名
  4. 異動される人全員の名前・生年月日・性別・府中市での世帯主との続柄
  5. 請求者の住所・名前、昼間に連絡の取れる電話番号
この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 市民課
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話 :市民年金係 0847-43-7127(窓口業務時間
戸籍住民係 0847-43-7128
ファックス:0847-46-3450

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください

広島県府中市 上下支所
市民生活係
〒729-3492 広島県府中市上下町上下861番地3
電話:0847-62-2114 (窓口業務時間