本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、くらしの情報の下の、税金の下の、医療費控除について

くらしの情報

医療費控除について

このページを印刷する

医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)について

概要

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への一定の取り組みを行う個人が、自己または自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(最高で8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除することができます。

※スイッチOTC医薬品控除と現行の医療費控除の併用は出来ません。

※一定の取り組みとは・・・特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診

適用期間

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に購入したスイッチOTC医薬品が対象です。

関連リンク

「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」(厚生労働省ホームページ)

「特定一般用医薬品等購入費を支払ったとき(医療費控除の特例)【セルフメディケーション税制】(国税庁ホームページ)

医療費控除(医療費控除の特例を含む)の適用を受ける際の添付書類について

概要

平成29年分の確定申告から、医療費控除又は医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)を受ける際には、従来の医療費及び医薬品の領収書の添付又は提示に代えて、「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。

※医療費の領収書は5年間保存する必要があります。

※医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。

経過措置

平成29年分から平成31年分までの申告については、従来の医療費及び医薬品の領収書の添付又は提示でも医療費控除の適用を受けることができます。

関連リンク

「医療費を支払ったとき(医療費控除)」(国税庁ホームページ)

お問い合わせ

広島県府中市 総務部 税務課
〒726-8601 広島県府中市府川町315
電話:0847-43-7121 (窓口業務時間
FAX:0847-46-3450
メールによるお問い合わせ

このページを印刷する

税金へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです