本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、備後国府です。

教育・文化情報

備後国府

このページを印刷する

備後国府について

国府ってなに?

約1300年前、全国を統治するために国(今でいう県)ごとに置かれた役所です。都から派遣された国司(こくし)が政治を行い、奈良時代から平安時代の約500年の間、地域の政治・経済・文化の中心地として栄えました。

備後国府はどこにあったの?

これまでの発掘調査から、元町を中心とした府中市街地北半に所在したと考えられています。備後国府の中心建物である国庁(こくちょう・今でいう県庁舎)はまだ見つかっていませんが、元町周辺にあったと推測されています。

主な出土品
主な出土品
奈良三彩に鉛ガラスのビーズが54個入っている写真 青銅製の印鑑の印面の写真 国府で働いた役人が身に付けたベルトの飾りの写真
奈良三彩の小壷 銅印 『賀友私印』 ベルトの飾り

備後国府跡の発掘調査

発掘調査の予定
  • ツジ遺跡(1301T)の発掘調査【平成25年5月27日〜9月下旬】
発掘調査最新情報
  • ツジ遺跡(1201T)の現地説明会を開催しました【平成24年9月8日】

現地説明会配布資料(PDF形式:995KB)

国府プロジェクト

府中市の歴史的資源である「備後国府跡」をまちづくりに活かすため、整備・活用の計画を具体化していきます。

お問い合わせ

広島県府中市 教育委員会 総務課
〒726-0003 広島県府中市元町1番地5
電話:0847-43-7180 (窓口業務時間
FAX:0847-45-4233
メールによるお問い合わせ

このページを印刷する

教育・文化情報トップへもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです