本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、五輪塔形曳覆曼荼羅版木です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−五輪塔形曳覆曼荼羅版木

このページを印刷する

五輪塔形曳覆曼荼羅版木の写真
五輪塔形曳覆曼荼羅版木の概要
名称(よみがな) 五輪塔形曳覆曼荼羅版木(ごりんとうがたひきおおいまんだらはんぎ)
指定種別・種類 広島県重要文化財・典籍
指定年月日 平成7年1月23日
所在地 広島県府中市本山町1201
所有者 宗教法人青目寺
解説 曳覆曼荼羅とは、棺に納められた遺体を覆う白布に曼荼羅を描いたもので、それを印刷するための版木が青目寺に伝わっている。軟質の板材の一面に高さ90.5センチメートルの五輪塔形を陽刻している。寺伝によると「正元元(1259)年四月二十八日」の年号が刻まれていたようだが、いまは磨滅してよく判らない。図像などから、鎌倉時代製作と考えられるが、室町時代以前の版木は全国的に5例しか確認されておらず、全国でも最古級のものと推測される。
関連施設  
公開状況 事前に連絡必要(西龍寺:0847-45-4459、雨天の場合、断られることがある)
交通案内 JR「府中駅」から北へ約2.5キロメートル
「本山方面行」バスで「本山」下車、北西へ約1キロメートル、又は「本山峠」下車、西へ約1キロメートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです