本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、版本大般若経です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−版本大般若経

このページを印刷する

版本大般若経の写真
版本大般若経の概要
名称(よみがな) 版本大般若経(はんぼんだいはんにゃきょう)
指定種別・種類 広島県重要文化財・典籍
指定年月日 昭和29年11月11日
所在地 広島県府中市栗柄町2987
所有者 宗教法人虚空蔵院(神宮寺)
解説 興福寺において刊行された、春日版とよばれる大般若経600巻のひとつである。この版本大般若経は、応永25〜29(1418〜22)年にかけて、僧中高の発願により、南宮神社へ奉納されたことが櫃の蓋に記されている。600巻全部が保存され、原則どおり200巻ずつ3櫃に納められ、櫃が経巻と同時代のものではあるのは、極めて少なく貴重なものである。
関連施設  
公開状況 場所:虚空蔵院(神宮寺)境内 府中神宮寺郷土館
休館日:無休
入館料:一般200円 中学生以下:50円
事前に連絡必要(0847-45-5118)
交通案内 JR「府中駅」から南東へ約2.2キロメートル
「栗柄方面行」バスで「栗生(くりぶ)農協前」下車、西へ約400メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです