本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、絹本著色釈迦十六善神像です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−絹本著色釈迦十六善神像

このページを印刷する

絹本著色釈迦十六善神像の写真
絹本著色釈迦十六善神像の概要
名称(よみがな) 絹本著色十六善神像(けんぽんちゃくしょくしゃかじゅうろくぜんしんぞう)
指定種別・種類 広島県重要文化財・絵画
指定年月日

平成6年10月31日

所在地 広島県府中市栗柄町2987
所有者  
解説

釈迦十六善神像は、「大般若経」を転読する大般若会の時の本尊として懸用されたものである。縦210.0センチメートル、横81.5センチメートルを測り、画像の特徴から宋元風の影響が強く、南北朝時代末期から室町時代初期の作と考えられる。セットになる大般若経600巻が現存しており、全国的にも希少な例である。

関連施設  
公開状況 非公開、実寸大のレプリカを公開、要望により開館
場所:虚空蔵院(神宮寺)境内 府中神宮寺郷土館(事前に連絡必要、0847‐45‐5118)
入館料:一般200円、中学生以下50円
交通案内 JR「高木駅」から南西へ2.4キロメートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです