本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、南山古墳です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−南山古墳

このページを印刷する

南山古墳の様子
南山古墳の概要
名称(よみがな) 南山古墳(みなみやまこふん)
指定種別・種類 広島県史跡
指定年月日 平成元年3月20日
所在地 広島県府中市上下町水永122-1、122-2、125-5の一部
所有者 個人
解説 横穴式石室を内部主体とする前方後円墳。全長は22.5メートルで、後円部は直径約14.5メートル、高さ約4メートル、後円部の東南に長さ約8メートル、幅約10メートル、高さ約1.5メートルの前方部がとりついている。石室の平面が羽子板状をなし、奥に向かって右側に立柱状の石を設置しているのが特徴。出土遺物はほとんどないが、6世紀の終わりごろの築造と推定される。
関連施設  
公開状況 常時公開
交通案内 JR「上下駅」から南東へ約4キロメートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです