本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、木造薬師如来坐像です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−木造薬師如来坐像

このページを印刷する

木造薬師如来坐像の写真
木造薬師如来坐像の概要
名称(よみがな) 木造薬師如来坐像(もくぞうやくしにょらいざぞう)
指定種別・種類 広島県重要文化財・彫刻
指定年月日 昭和54年3月26日
所在地 広島県府中市上下町445-3
所有者 宗教法人吉井寺
解説 木彫寄木造、像高1.49メートル、鎌倉時代後期(13世紀)作の半丈六仏である。彩色は江戸時代のものと思われる。上下代官所の初代代官曲淵市郎右衛門が病気平癒の霊験に浴し、北方約1キロメートルの吉井谷から吉井寺に移祭したと伝えられている。
関連施設  
公開状況 事前に連絡必要
交通案内 JR「上下駅」から東へ約800メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです