本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、行縢八幡神社の大木群です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−行縢八幡神社の大木群

このページを印刷する

行縢八幡神社の大木郡の写真
行縢八幡神社の大木群の概要
名称(よみがな) 行縢八幡神社の大木群(むかばぎはちまんじんじゃのたいぼくぐん)
指定種別・種類 広島県天然記念物
指定年月日 平成3年12月12日
所在地 広島県府中市行縢町甲773
所有者 宗教法人八幡神社(行縢八幡神社)
解説 社殿の周辺に、ツガ、カヤ、アラカシ、シラカシ、ヤブツバキなどがかなりの大木となって成育しており、低木層に見られるシキミ、シロダモ、アオキ、ネズミモチなどとともに、一部に中間帯自然植生の名残を留めている。群落としては不完全であるが、大木がまとまって生育し、分布生態の上で興味深い樹木を含んでいることは、学術的に価値が高い。
関連施設  
公開状況 常時公開
交通案内 JR「府中駅」から北西へ約10キロメートル
「上下方向行」バスで「行縢」下車、東へ約700メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです