本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、階見の若宮信仰資料です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−階見の若宮信仰資料

このページを印刷する

階見の若宮信仰資料の写真
階見の若宮信仰資料の概要
名称(よみがな) 階見の若宮信仰資料(しなみのわかみやしんこうしりょう)
指定種別・種類 広島県有形民俗文化財
指定年月日 平成7年1月23日
所在地 広島県府中市上下町階見2695
所有者 宗教法人八幡神社
解説 甲奴郡地方の若宮信仰は、亡くなった人の霊を氏神とともに祀る祖霊の信仰である。高さ18〜30センチメートルの神職姿の立像・座像の若宮神像48体(享保18年(1733)から文政9年(1826)頃の間に制作)、石造若宮霊1基、家ごとの若宮木札11枚、祖霊社再建棟札2枚が、それらをおさめる祖霊社社殿を含めて一括指定されている。
関連施設  
公開状況 非公開
交通案内  

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです