本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、青目寺跡です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−青目寺跡

このページを印刷する

青目寺跡の様子
青目寺跡の概要
名称(よみがな) 青目寺跡(しょうもくじあと)
指定種別・種類 広島県史跡
指定年月日 昭和15年2月23日
所在地 広島県府中市本山町
所有者 本山生産森林組合
解説 亀ケ岳山頂周辺にあった山上伽藍跡。寺伝によると、延喜年間(901〜923)には、山頂に4坊、周辺山腹に11寺を従えるほど隆盛していたが、度重なる火災などによって次第に衰退し、現在地に焼失をまぬがれた仏像を移したと伝わっている。
平成7年(1995)以降、継続的に分布・確認調査を進め、中御堂、西御堂、北御堂、東御堂、南御堂などの建物遺構を確認している。平安時代初めの緑釉陶器や、南北時代の青磁が出土し、山上に寺院が存在した時期も具体的にわかってきている。
関連施設  
公開状況 常時公開
交通案内 JR「府中駅」から北へ約6キロメートル
「本山方面行」バスで「本山峠」下車、北西へ約1.6キロメートル
※現青目寺から約1キロメートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです