本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、天領上下代官所跡です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−天領上下代官所跡

このページを印刷する

天領上下代官所跡の様子
天領上下代官所跡の概要
名称(よみがな) 天領上下代官所跡(てんりょうじょうげだいかんしょあと)
指定種別・種類 広島県史跡
指定年月日 昭和16年3月10日
所在地 広島県府中市上下町466-1、466-2
所有者 府中市、個人
解説 旧上下町役場跡に位置する。元禄11年(1698)の水野家断絶後の検地によって、旧福山藩領は15万石とされ、5万石分が幕府領へ編入され、上下に代官が置かれ、安那郡・神石郡・甲奴郡の計71ケ村(約4万石)を管轄した。享保2年(1717)、幕府領のうち2万石分が豊前中津藩領に編入された。上下代官は廃止され、石見大森代官配下の手付などが出張陣屋に派遣されて、神石郡・甲奴郡などを管轄することになり、幕末まで存続した。
関連施設  
公開状況 常時公開
交通案内 JR「上下駅」から東へ約700メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです