本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、弓神楽です。

教育・文化情報

広島県の指定文化財−弓神楽

このページを印刷する

弓神楽の様子
弓神楽の概要
名称(よみがな) 弓神楽(ゆみかぐら)
指定種別・種類 広島県無形民俗文化財
指定年月日 昭和46年12月23日
所在地 広島県府中市上下町井永
所有者 井永弓神楽保存会
解説 弓神楽は、弓祈祷、神弓祭、内神楽ともよばれ、かつては広島県東部の備後一円に行われていた。地域共同の荒神祭、私的な宅神祭に演奏される。神座の前に揺輪を据え、弓を結びつけ、銅拍子・笛の合奏で弦を打ち鳴らしながら、祭文をとなえ土公神を祭り、五穀豊饒と家内安全を祈る神楽である。
関連施設  
公開状況 一部公開
交通案内  

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです