本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、延藤家住宅洋館・和館(洞仙荘)です。

教育・文化情報

国の登録文化財−延藤家住宅洋館・和館(洞仙荘)

このページを印刷する

延藤家住宅洋館の外観
延藤家住宅洋館・和館(洞仙荘)の概要
名称(よみがな) 延藤家住宅洋館・和館(洞仙荘)(のぶとうけじゅうたくようかん・わかん(どうせんそう))
指定種別・種類 国登録有形文化財・建造物
指定年月日 平成12年10月18日
所在地 広島県府中市出口町37-1
所有者 個人
解説 昭和6年(1931)、南面する傾斜地に別荘施設として建築。木造2階建。
和館部とその玄関脇に建つ応接用の施設である洋館部からなる。和館部は2階建ての主体部と渡り廊下で接続された離れからなる。洋館部は、1階を擬石塗り、2階をハーフティンバーとし、南面にベイウィンドウを設け、西面では1階に出窓を造りその上を2階バルコニーとする。
関連施設  
公開状況 外観は見学可能
交通案内 JR「府中駅」から北西へ約900メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです