本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、銅鐘です。

教育・文化情報

府中市の指定文化財−銅鐘

このページを印刷する

銅鐘の写真
銅鐘の概要
名称(よみがな) 銅鐘(どうしょう)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・工芸品
指定年月日 昭和54年12月25日
所在地 広島県府中市元町344
所有者 宗教法人栄明寺
解説 栄明寺山門右側の鐘楼にある。青銅製の梵鐘で、高さ134センチメートル、口径74センチメートルである。銘文によると、元禄4(1691)年栄明寺第十九代翁阿上人の発願によって、御調郡海裏邑(現在甲山町宇津戸)の鋳物師丹下甚兵衛実次が造ったものである。丹下氏作の現存例としては、甲山町今高野山にある寛文7(1667)年銘の梵鐘についで古いものと思われる。
関連施設  
公開状況 常時公開
交通案内 JR「府中駅」から北へ約850メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです