本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、日吉神社府川石鳥居です。

教育・文化情報

府中市の指定文化財−日吉神社府川石鳥居

このページを印刷する

日吉神社府川石鳥居の写真
日吉神社府川石鳥居の概要
名称(よみがな) 日吉神社府川石鳥居(ひよしじんじゃふかわいしとりい)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・建造物
指定年月日 昭和39年11月5日
所在地 広島県府中市府川町64
所有者 宗教法人日吉神社
解説 この鳥居は、府中市本山町に所在する日吉神社の鳥居である。花崗岩で造られており、現高373センチメートルを測る。元文年間(1736〜41)のころに暴風雨で倒壊し、宝暦10(1760)年に旧材の一部を再利用して再建したものである。島木の中央と右端の材と貫の両端の材が創建当初のものと推定される。転びがなく柱が垂直に立つことや、島木が直線的なことなど、古い様相が見られ、もともとの形態をできるだけ忠実に復元するよう心がけている。鎌倉時代末期から室町時代前期ごろの創建と考えられる。
関連施設  
公開状況 常時公開
交通案内 JR「府中駅」から南東へ500メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです