本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、紺紙金泥大般若波羅蜜多経(巻第五百七十)

教育・文化情報

府中市の指定文化財−紺紙金泥大般若波羅蜜多経(巻第五百七十)

このページを印刷する

紺紙金泥大般若波羅蜜多経の写真
紺紙金泥大般若波羅蜜多経(巻第五百七十)の概要
名称(よみがな) 紺紙金泥大般若波羅蜜多経(巻第五百七十)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・書画
指定年月日 昭和54年12月25日
所在地 広島県府中市元町344
所有者 宗教法人栄明寺
解説 大般若波羅蜜多経600巻のうち、第570巻の写経である。紙巾25センチメートル、全長832センチメートルの紺紙で巻子本に作られている。書は金泥(金粉とニカワを混合したもの)により、藤原期のやわらかみのある和様の筆写体で書かれており、見返しには、釈迦説法の場面が描いてある。
関連施設  
公開状況 事前に連絡必要(雨天等、断られる場合あり)
交通案内

JR「府中駅」から北東へ約700メートル

「福山府中線」バスで「元町」下車、北西へ約700メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです