本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、旧芦品郡役所庁舎です。

教育・文化情報

府中市の指定文化財−旧芦品郡役所庁舎

このページを印刷する

旧芦品郡役所庁舎の外観
旧芦品郡役所庁舎の概要
名称(よみがな) 旧芦品郡役所庁舎(きゅうあしなぐんやくしょちょうしゃ)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・建造物
指定年月日 昭和52年12月6日
所在地 広島県府中市土生町882-2
所有者 府中市
解説 1903(明治36)年に竣工した旧芦品郡役所庁舎である。郡役所が廃止された後、県の出先諸事務所などに利用されていたが、1976(昭和51)年に、取り壊しが計画された。多くの市民が参加し保存運動が展開された結果、移築保存がかない、府中市歴史民俗資料館として活用している。
均整のとれた外観、漆喰壁に隅石風の飾り、胴蛇腹・窓枠・庇・玄関軒などの飾り、内部ではドア・手すりのデザインなど、明治前期の洋風建物を模して作られた擬洋風建物である。明治の郡役所庁舎は、全国的に見ても非常に少なくなっている。
関連施設 府中市歴史民俗資料館
公開状況 常時公開
交通案内 JR「府中駅」から南に約800メートル、府川新橋を渡り南に約700メートル
アクセスマップ

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです