本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、木造阿弥陀如来坐像です。

教育・文化情報

府中市の指定文化財−木造阿弥陀如来坐像

このページを印刷する

木造阿弥陀如来坐像の写真
木造阿弥陀如来坐像の概要
名称(よみがな) 木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・彫刻
指定年月日 昭和42年2月10日
所在地 広島県府中市栗柄町1950
所有者 宗教法人西龍寺
解説 栗柄町安江の観音堂に安置されている。かつてこの地に建立されていた「西衛寺」の本尊であったと伝えられる。像高86センチメートル、ヒノキ材による寄木造りで、豊満で温和な表情や堂々たる風格を漂わせる姿は、常朝様を彷彿させるもので、平安時代後期の制作と推定される。
関連施設  
公開状況 事前に連絡が必要
交通案内 JR「府中駅」から南へ5.5キロメートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです