本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、木造薬師如来坐像です。

教育・文化情報

府中市の指定文化財−木造薬師如来坐像

このページを印刷する

木造薬師如来坐像の写真
木造薬師如来坐像の概要
名称(よみがな) 木造薬師如来坐像(もくぞうやくしにょらいざぞう)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・彫刻
指定年月日 昭和54年12月25日
所在地 広島県府中市元町344
所有者 宗教法人栄明寺
解説 栄明寺の本尊としてまつられている。像高48センチメートル、膝張38センチメートルの寄木造である。身体法衣に漆塗りをし、その上へ金箔をはってあったが、現在はほとんど剥落している。保存もよく、南北朝期の様式をよく表している。
関連施設  
公開状況 事前に連絡が必要
交通案内 JR「府中駅」から北へ約850メートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです