本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、南宮神社鐘撞堂・随身門です。

教育・文化情報

府中市の指定文化財−南宮神社鐘撞堂・随身門

このページを印刷する

鐘楼堂の写真 南宮神社随身門の写真
南宮神社鐘撞堂・随身門の概要
名称(よみがな) 南宮神社鐘撞堂・随身門(なんぐうじんじゃかねつきどう・ずいしんもん)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・建造物
指定年月日 平成19年12月25日
所在地

広島県府中市栗柄町2980

所有者 宗教法人南宮神社
解説 鐘撞堂は、方一間の切妻造り、本瓦葺の建物である。本殿とほぼ同時期、17世紀中頃の建立と考えられる。鐘撞堂は、神仏習合時代には多くの神社に建っていたが、明治の神仏分離令によって破却されてしまったので、神社境内にあるものは極めて少なく、歴史的価値が高い。さらに、方一間の四方吹放ちの形式として、古い建物であることも重要である。
随身門は、瓦葺で三間一戸の八脚門である。貞亨4年(1687)に建立されたと伝えられ、建物の様式からもその時の建立と考えられる。また、神像が2組残っており、記述とおり以前は随身門が2か所あったと思われる。
関連施設  
公開状況 常時公開
交通案内 JR「府中駅」から南へ約4.5キロメートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです