本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、矢野(宇根)の火道角礫岩の露頭です。

教育・文化情報

府中市の指定文化財−矢野(宇根)の火道角礫岩の露頭

このページを印刷する

矢野(宇根)の火道角礫岩の露頭の写真
矢野(宇根)の火道角礫岩の露頭の概要
名称(よみがな) 矢野(宇根)の火道角礫岩の露頭(やの(うね)のかどうかくれきがんのろとう)
指定種別・種類 府中市指定天然記念物
指定年月日 平成8年9月20日
所在地 広島県府中市上下町矢野968-1
所有者 個人
解説 新生代新第3紀後期(約800万年前)に、地中から噴出したマグマの通り道(火道)が、固まってできた露頭である。岩石の大部分は玄武岩で、ほかにも基盤岩の砂岩・泥岩・花崗岩を取り込んだものも見られる。全体的にはもろくて崩壊しやすい状態である。
関連施設  
公開状況 常時公開
交通案内 JR「備後矢野駅」から西へ約5キロメートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです