本文へジャンプします 関連メニューへジャンプします
ここから本文です。

現在位置は、トップページの下の、教育・文化情報の下の、府中市の文化財の下の、善昌寺鶯張り廊下です。

教育・文化情報

府中市の指定文化財−善昌寺鶯張り廊下

このページを印刷する

善昌寺鶯張り廊下の写真
善昌寺鶯張り廊下の概要
名称(よみがな) 善昌寺鶯張り廊下(ぜんしょうじうぐいすばりろうか)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・建造物
指定年月日 昭和40年9月10日
所在地

広島県府中市上下町341

所有者 宗教法人善昌寺
解説 永録4年(1561)、京都から高橋家次を招聘して本堂を再建したと伝わる。独特の技法によって、本堂廊下を歩くと音が出るようになっている。
関連施設  
公開状況 事前に連絡が必要
交通案内 JR「上下駅」から南東へ約1.1キロメートル

 

このページを印刷する

府中市の文化財へもどる

ここから関連メニューです

このページのトップへ


ページの終わりです