府中のルーツ「備後国府」について

備後国府とは?

「府中」という名は、約1300年前に備後国(現在の広島県東部)を治める役所「国府」があったことに由来しています。現在も、地割や道路、神社など、市内のいたるところに、当時の名残をとどめています。

約1200年前の府中「備後国府」の想像図

備後国府の想像図(絵:早川和子)

国府とは?

約1300年前、全国を統治するために国(今でいう県)ごとに置かれた中央政府の出先機関で、奈良時代から平安時代までの約500年にわたり、その地方の政治・経済の拠点でした。また、国府では都から役人(国司)が派遣されて政治を行ったため、その地方の文化の中心地としても栄えました。

備後国府はどこにあったの?

平安時代中頃に編纂された『和名類聚抄』には、「国府は芦田郡におかれていた」と記録されていましたが、具体的な位置は示されていませんでした。しかしながら、30年以上におよぶ発掘調査成果によって、元町を中心とした府中市街地北半に国府が所在したことが明らかになり、平成28年、「備後国府跡」が国の史跡に指定されました。
国府の中心建物である国庁(こくちょう・今でいう県庁舎)はまだ見つかっていませんが、元町に所在したと推定されます。

史跡「備後国府跡」について

昭和42年以降、継続的に実施してきた発掘調査によって、府中市市街地に地方政治の拠点が存在したことを色濃く示す遺構・遺物が集中することがわかりました。国庁こそ未確認ではありますが、確認された遺構群は備後国府の多様な構成要素として理解することができるようになりました。
そのうち、8世紀から12世紀に及ぶ遺構の変遷が明らかになり、条件の整った金龍寺東地区およびツジ地区が史跡指定されています。

主な出土品

備後国府跡出土銅印の写真

銅印「賀友私印」:古代の印は伝世品を含めても全国で300に満たないほど貴重なものです。国府の役人が使っていた可能性があります。

備後国府跡出土の腰帯具の写真

腰帯具:国府の役人が身につけていたであろうベルトの飾りが出土しています。

備後国府跡出土の奈良三彩の写真

奈良三彩小壺:中に鉛ガラスのビーズが54個入っていました。重要な施設を建てる際の地鎮具と考えられます。

備後国府(府中市街地)の発掘調査

発掘調査の予定

  • 池の下遺跡(府中町:縄文時代)の発掘調査を実施する予定です。【平成30年2月28日~】

発掘調査最新情報

  • 古代山陽道横井地区の現地説明会を開催しました【平成29年11月5日】

備後国府跡をまちづくりに活かすために

府中市の歴史的資源である「備後国府跡」をまちづくりに活かすため、平成16年「国府プロジェクト」を策定し、取り組んできました。今後、整備・活用の計画を具体化していくために、現在「史跡備後国府跡保存活用計画」を策定中です。
また、普段の生活の中で実感したり想像したりすることのできない備後国府について、理解いただき、親しんでいただくために、展示や講演会、体験事業などの催しを定期的に開催しています。

史跡備後国府跡保存活用計画を策定中です

現在、史跡備後国府跡保存活用計画を策定中です。平成30年度末に完成する予定です。

備後国府跡の公開活用事業を実施しています

府中市の歴史的資源である「備後国府跡」をまちづくりに活かすため、整備・活用の計画を具体化していく予定です。
また、普段の生活の中で実感したり想像したりすることのできない備後国府について触れていただき、親しんでいただくために、展示や講演会、体験事業などを実施していますので、ぜひ、ご参加ください。

国府まろ君、国府ひめちゃんの写真

備後国府をPRするマスコットキャラクターの国府まろ君と国府ひめちゃんです。よろしくお願いします。

史跡指定記念シンポジウムの写真

毎年、ふちゅう歴史フォーラムなどの講演会やシンポジウムを開催しています。

国府衣装体験の写真

様々な古代体験事業を開催しています。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 教育部 総務課
文化財係
〒726-0003 広島県府中市元町1番地5
電話:0847-43-7180(窓口業務時間
ファックス:0847-45-4233

メールによる問い合わせ