高齢者保健福祉総合計画・介護保険事業計画

府中市では、平成30年度から3年間の高齢者の生活支援・介護予防・健康づくり・生きがい活動支援等の施策や、介護保険事業についての総合的な計画となる「府中市第7期高齢者保健福祉総合計画・介護保険事業計画」を策定しました。この計画は、介護保険法第117条に規定する市町村介護保険事業計画と、老人福祉法第20条の8第1項に規定する老人福祉計画を一体のものとして作成されています。

計画の趣旨

この計画は、市の高齢者保健福祉施策の基本的な考え方や具体的に取り組むべき施策を明らかにし、高齢者保健福祉施策や介護保険事業の方向性を示すとともに、介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施を確保するため策定するものです。

計画期間

平成30年度から平成32年度の3年間

計画書等ダウンロード

パブリックコメントの結果

府中市第7期高齢者保健福祉総合計画・介護保険事業計画策定に向けた2つの調査

2つの調査の目的

府中市では、3年に1度「府中市高齢者保健福祉総合計画・介護保険事業計画」を策定し、介護保険事業や高齢者福祉施策の推進に取り組んでいます。このたび、平成30年度から平成32年度の3年間を計画期間とする「府中市第7期高齢者保健福祉総合計画・介護保険事業計画」を策定するにあたり、「高齢者等の適切な在宅生活の継続」と「家族等介護者の就労継続」の実現に向けた介護サービスの在り方などを検討する基礎資料とすることを目的に「府中市介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」と「在宅介護実態調査」を実施しました 。

1 平成28年度府中市介護予防・日常生活圏域ニーズ調査結果報告

調査対象

要介護・要支援認定を受けていない非認定者かつ事業対象者でない人 2,600件(無作為抽出) 要支援1・2の認定を受けている方及び事業対象者 400件(無作為抽出)

2 平成28年度府中市在宅介護実態調査結果報告

調査対象

平成28年11月9日〜平成29年3月31日の間に介護保険制度の認定調査を受ける人 424人

府中市第8期高齢者保健福祉総合計画・介護保険事業計画策定に向けた調査

平成30・31年度府中市在宅介護実態調査

1 調査の目的

この調査は、第8期介護保険事業計画の策定において、「地域包括ケアシステムの構築」という観点に加え、「介護離職をなくしていくためにはどのようなサービスが必要か」という観点も盛り込むため、「高齢者等の適切な在宅生活の継続」と「家族等介護者の就労継続」の実現に向けた介護サービスの在り方を検討するための基礎データを収集することを目的として実施します。

2 調査の方法等

(1)認定調査員による聞き取り調査

この調査は、「認定調査員による聞き取り調査」として実施します。

(注)在宅介護実態調査の内容が、要介護認定の審査判定に影響を与えることはありません。

(2)調査の対象者

調査の対象者は、次のいずれにも該当する方です。

1.在宅で生活している要支援・要介護者のうち、「要支援・要介護認定の更新申請・区分変更申請」をしている人
2.「(3)調査の期間」に認定調査の対象となる人

(注)次の施設等へ入院・入所している場合は調査の対象とはしません。

・医療機関
・特別養護老人ホーム
・老人保健施設
・介護療養型医療施設
・特定施設(介護保険の指定を受けている施設に限る。)
・グループホーム
・地域密着型特定施設(介護保険の指定を受けている施設に限る。)
・地域密着型特別養護老人ホーム

(注)介護保険の指定を受けていない有料老人ホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者向け住宅などの入居者は、この調査の対象となります。

(注)要支援・要介護認定の新規の申請者については対象としません。

(注)介護保険サービスの利用の有無は問いません。

(注)市内に住民票を残したままで、市外にいる人は対象としません。

(3)調査の期間

平成31年2月1日~平成32年3月末(13か月)

3 調査の手引き・調査票

(注)在宅介護実態調査票(A票・B票)は、認定調査員が家庭訪問する際に持参します。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 介護保険課
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話  :介護福祉係 0847-40-0222(窓口業務時間
     長寿さぽーと係 0847-40-0223
ファクス:0847-45-5522

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください