障害者就労施設等からの物品等優先調達

障害者就労施設等からの物品等優先調達について

平成25年4月から「障害者優先調達推進法(国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律)」がスタートしました。
この法律は、障害者就労施設で就労する障害者や在宅で就業する障害者の経済面の自立を進めるため、国や地方公共団体、独立行政法人などの公機関が、物品やサービスを調達する際、障害者就労施設等から優先的・積極的に購入することを推進するために制定されました。

法律の趣旨

障害のある人が自立した生活を送るためには、就労によって経済的な基盤を確立することが重要です。 このためには、障害者雇用を支援するための仕組みを整えるとともに、障害者が就労する施設等の仕事を確保し、その経営基盤を強化することも必要です。
このような観点から、障害者就労施設等へ仕事の発注に関し、国や地方公共団体等が率先して障害者就労施設等からの物品等の調達を推進するよう、必要な措置を講じることを定めた法律です。

障害者就労施設等からの物品等優先調達方針

障害者就労施設の物品等

府中市内の障害者就労施設では、様々な製品の販売や業務の請負を行っています。
どなたでもご利用可能です。業務内容や料金など詳しくは、各施設へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 福祉課
地域福祉係
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話  :0847-43-7148(窓口業務時間
ファクス:0847-45-3206

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください