梅雨前線豪雨による道路被害及び交通状況(7月10日10時現在)

梅雨前線豪雨による道路被害及び交通状況 平成30年7月10日10時現在

梅雨前線豪雨による道路被害及び交通状況

7月5日からの大雨により、府中市内における、国道、県道、市道において、がけ崩れ、路側の崩落が発生しました。

(主)県道48号府中松永線が開通しました。ただし、昼間の作業時は片側通行となります。

国道486号は、尾道市御調町管内の片側交互通行区間において、大型車も通行可能となりました。

府中上下線は、北川鉄工所下川辺工場付近で崩土と路側決壊のため通行できない状況です。迂回路は、神石高原町経由で国道182号、もしくは国道184号(一部区間で全面通行止のため迂回あり、大型車通行不可)をご利用ください。

詳細な状況は上記PDFよりご確認ください。

府中市、広島県で連携し早期に復旧できるよう取り組みますので、ご理解とご協力をお願いします。

なお、今後も被害の発生などがありましたら、市役所まで報告をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 総務部 総務課
生活安全係
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話:0847-43-7211(窓口業務時間
ファックス:0847-46-3450
​​​​​​​
メールによる問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。