近畿大学、広島県府中市、府中商工会議所が包括連携協定を締結しました

産官学連携で「ものづくりのまち府中市」の復活をめざします

近畿大学(大阪府東大阪市)、広島県府中市、府中商工会議所(広島県府中市)は、令和3年(2021年)2月26日(金曜)に包括連携協定を締結しました。

本市では、ものづくり産業が成長し続けるべく、昨年度「府中市産業振興ビジョン」を策定し、府中商工会議所会館内に府中市産業連係室を新設するなど、「ものづくりのまち府中市」の復活に向けて着手しています。また、府中商工会議所は、地元企業の会員加入率が約70%と全国的に高い水準を誇っており、地元企業と密接に連携する体制を構築しています。
このたび、東広島市にキャンパスがある工学部をはじめ14学部48学科を擁する近畿大学、府中市、府中商工会議所が包括連携協定を締結し、産官学の連携で府中市の産業振興、地元企業の生産性向上をめざします。また、産業分野にとどまらず、農業振興、地域振興などの分野においても連携を進めます。なお、府中市及び府中商工会議所は、大学との連携協定は初の試みであり、近畿大学としても、中四国地方で産官学の三者間での包括連携協定は初めてです。

今後の取組にご期待ください!

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 総務部 政策企画課
政策企画チーム
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話  :0847-43-7239(窓口業務時間
ファクス:0847-46-3450

メールによる問い合わせ