水道管凍結について

上水道をご利用の皆様へ

外気温がマイナス4度以下(風当たりの強いところでマイナス1度〜マイナス2度)になると水道管が凍ったり、破裂したりすることがあります。凍結防止の点検と対策を行うことで、破裂事故防止に効果があります。 もしも、破裂してしまい止水できない場合は、破裂した部分にタオルやビニールテープを巻き付けて応急手当をしてください。修理は、府中市指定給水装置工事業者に依頼してください。

水道器具別の対応方法

温水器・給湯器の配管、受水槽や高架水槽まわりの配管などで配管がむき出しの状態だと凍りやすい状態です。保温チューブ・タオルなどを巻く、保温ヒーターなどを設置するなどの対策が必要です。 散水栓・給水栓、ベランダなどの洗濯水栓、水道メーターボックスなど屋外にある水道器具は凍りやすい状態です。特に北向きの日陰、風当たりが強いところは凍りやすいので注意が必要です。対策としては保温チューブ・タオルなどを巻き、その上から段ボールなどのケースをかぶせるなどの対策が必要です。

水道管が凍ったときは

蛇口を開けて凍ってしまった部分にタオルなどをかぶせてその上からゆっくりとぬるま湯をまんべんなくかけてください。

(注意)急に熱湯をかけると水道管が破裂したり、ひび割れをおこすおそれがありますのでご注意ください。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 上水下水道課
上水工務係
〒726-0022 広島県府中市用土町440番地1
電話  :0847-43-7169(窓口業務時間
ファクス:0847-43-7201 (ファクスについては常時受け付けします。)

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください