若い世代のみなさんへ ワクチンについて知ってほしいこと

正しい知識を取り入れて、不安を解消しましょう

「副反応が怖い」 「予約がとれないらしい」「若い人は重症化しないんでしょ」 「将来的なリスクが心配」・・・

ワクチン接種について、さまざまな情報が流れるなか、不安に思う人も多いと思います。

一人ひとりが正しい知識を持つことで、少しでもワクチン接種の不安を解消しましょう。

今、若い世代の感染者が増えています

以前は「子供はかかりにくい」とも言われていましたが、広島県内でも10歳未満と10歳代を合わせた感染者は、40歳代の感染者よりも多く報告されています。

また接種率が他の年代に比べて低い20歳代・30歳代の感染者も 全体の4割近くを占めています。

 

ワクチンの必要性

  • 新型コロナワクチンは、感染を防止し収束に向かわせる切り札です

新型コロナワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)は、2回の接種によって、高い効果が認められています(注:発症予防効果約95%。なお、インフルエンザワクチンの有効性は約40~60%)。接種が進む世界の国々では、コロナ収束への効果が現れています。

  • あなたご自身のためだけでなく、医療機関の負担を減らすための重要な手段にもなります

新型コロナウイルスは、まだまだ未知のことがあります。令和3年7月末までに、約92万人が新型コロナウイルス感染症と診断されており、1万5千人以上の方が亡くなっています。こうした中で、多くの方に接種を受けていただくことにより、重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されます。

  • ワクチン接種によるメリットが、副反応のリスクより大きいため、接種が推奨されています

感染者数が増えると、ウイルスの変異が起こるリスクは上がります。より多くの人がより早い段階でワクチン接種を受けることで、新たな変異ウイルスの出現のリスクという点でも、より安心した生活を送ることが考えられます。

ワクチンの効果

・発症を予防する効果があります(ファイザー社95%、武田/モデルナ社94%)

・重症化を予防する効果が期待されています

万が一感染しても、自分のいのちを守ることにつながります

・ウイルスを他人にうつしにくい効果が期待されています

自分だけでなく、周りの大切な人を守ることにもつながります

ワクチンの効果(広島県)

ワクチンの効果(広島県)

ワクチンの副反応

・1~2日後に副反応が出ることがありますが、ほとんどは数日以内に回復します

・主な副反応は、接種部位の痛み、頭痛、発熱、疲労感などです

接種直後の痛みはそれほど強くありません

・万が一に備え、接種後15~30分は医療従事者が経過を観察します

接種を迷っている若い世代の方へ

接種のメリット・デメリットを専門家が分かりやすく紹介しています

子供への接種を迷っている保護者の方へ

感染予防、重症化予防の効果が期待され、副反応のデメリットよりもメリットの方がはるかに大きいとされています。

接種を迷っている女性の方へ

妊婦さんは時期を問わずワクチンを接種することが推奨されています。

また妊婦の感染の約8割が、夫またはパートナーからの感染を占めるため、夫またはパートナーの方もワクチン接種を検討していただくよう求められています。

参考リンク集

気になるワクチンの効果や副反応などについてまとめられています。ぜひご覧ください。

新型コロナワクチンの接種状況や最新情報がまとめられています。

サッカー元日本代表内田篤人さんが自身のワクチン接種の体験を交えてワクチン接種を呼び掛けています。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 健康推進課
府中市ワクチン接種コールセンター
〒726-0011 広島県府中市広谷町919番地3(リ・フレ内)
電話 :0847-54-2571(対応時間9時~17時)
ファクス:0847-54-2573