ロタウイルスワクチンの定期接種化について

ロタウイルス感染症の予防接種が定期接種になります

令和2年10月1日より、ロタウイルスワクチンが定期予防接種になります(※令和2年8月1日以後に生まれた子が対象です)。

ロタウイルスによって引き起こされる急性胃腸炎(ロタウイルス胃腸炎)は、乳幼児期(0~6歳頃)にかかりやすい病気です。年齢にかかわらず何度でも感染しますが、乳幼児は激しい症状が出ることが多く、特に初めて感染したときが最も重症になります。

主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると、入院が必要になることもあります。

ロタウイルスワクチンの接種を受けることで重症化予防にも効果があるといわれています。

対象者

令和2年8月1日以後に生まれた子

※令和2年9月30日までに接種をした場合は、任意接種(自費)になりますので、ご注意ください。

※令和2年7月31日以前に生まれた子が、10月1日以降に接種した場合も任意接種(自費)になります

接種回数・方法

ロタウイルスワクチンは2種類ありますが、どちらを接種しても同様の効果があります。

・ロタリックス:生後6週0日後から24週0日後までに27日以上の間隔をおいて2回接種。

・ロタテック:生後6週0日後から32週0日後までに27日以上の間隔をおいて3回接種。

接種量や回数がワクチンにより異なるため、最初に接種したものと同じワクチンを接種してください。

注意事項

どちらのワクチンも、生後14週6日後までに初回接種を受けてください。

※0歳児は月齢が進むと、腸重積症という病気にかかりやすくなります。
   生後15週0日後以降の初回接種は、安全性が確立されていないため、お勧めしていません。

副反応(腸重積症)について

接種を受けてから約1~2週間の間は、腸重積症のリスクが通常より高まるという報告もあります。

腸重積の症状は、以下のようなものがあります。
・突然激しく泣く
・機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す
・嘔吐する
・血便が出る
・ぐったりして顔色が悪い

これらの症状が一つでも見られた場合や、いつもと様子が違う場合は、速やかに医療機関を受診してください。

ロタウイルス定期予防接種実施医療機関について

ロタウイルスワクチンの接種を実施している医療機関については、下記をご覧ください。なお、医療機関によってロタウイルスワクチンの種類が異なります。詳しくは医療機関にお問い合わせください。

府中市外で接種するには

府中市外での接種を希望される場合は、広島県内は広域予防接種券により、無料で接種できます。広島県外で接種される場合は、府中市が発行する「定期予防接種実施依頼書」が必要になります。必ず事前に健康推進課元気づくり係(電話0847-47-1310)にご連絡ください。

その他

その他、予防接種にかかわる注意事項等は、以下の『子どもの予防接種』のページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 健康推進課
元気づくり係
〒726-0011 広島県府中市広谷町919番地3(リ・フレ内)
電話  :0847-47-1310 (窓口業務時間
ファクス:0847-47-1320

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください

健康づくり係
〒729-3431 広島県府中市上下町上下2101番地(上下保健センター内)
電話  :0847-62-2231(窓口業務時間
ファクス:0847-62-4564