国保のしくみ

国保は、病気やケガにそなえて加入者が日頃から収入に応じて保険税を出し合い、そこから医療費を支出する相互扶助制度です。

国民皆保険制度

国内に住所のある人は、すべて何らかの公的な医療保険に加入しなければなりません。これを国民皆保険制度といいます。

国民健康保険に加入しなければならない人

府中市内に住んでいる人は、次の公的な医療保険に加入している人または後期高齢者医療制度に加入している人を除き、すべて国民健康保険に加入しなければなりません。

加入できない人
公的な医療保険(主なもの) 加入者の例
全国健康保険協会 会社員の人など
組合管掌健康保険 会社員の人など
国民健康保険組合 医師、歯科医師、薬剤師、建設業関係の人など
各種共済組合など 公務員、私立学校教職員の人など
船員保険 船員の人など
生活保護法の適用をうけている人

民間の生命保険や医療保険に加入していても、公的な医療保険に必ず加入しなければなりません。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 市民課
医療保険係
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地(市役所内)
電話  :0847-43-7142 (窓口業務時間
ファクス:0847-46-3450

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください