府中市のドローンに関する取組

ドローンに関する取組について

現在、技術の進歩や法令の改正などドローンを取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。

そうしたなかにあってドローンには、身の回りの様々な課題の解決に活用されることが期待されています。

府中市では、AED輸送社会実装実験を行ったほか、ドローンに特化したファブラボの設置支援、公立小・中・義務教育学校でのドローンプログラミング授業の実施などドローンに関する様々な取組を行っています。

また、民間においても、ドローンレース全国大会予選やマイクロドローンレースの開催、また、一部全国で初となるレベル3(無人地帯・目視外・補助者なし)の実証実験が本市で行われるなど、ドローンに関する取組みが活発に行われています。

AED輸送社会実装実験について

平成31年2月に実施したAED輸送社会実装実験について、実施方法と報告を取りまとめています。


注意 報告書は、実証実験実施時点の内容となっており、現時点での現状や法令と異なっている可能性がありますので、あらかじめご理解ください。

ドローンAED輸送社会実装実験実施方法(PDFファイル:1.4MB)

ドローンAED輸送社会実装実験報告書(PDFファイル:429.6KB)

AED輸送社会実装実験の様子

AED輸送社会実装実験の様子

ドローンに特化したファブラボの様子

ドローンに特化したファブラボの様子

ドローンプログラミング授業の様子

ドローンプログラミング授業の様子

ドローン戦略について

こうした取組を加速させ、ドローンに関する産業や人材が集積する「ドローンのまち」を目指して、ドローン戦略(仮称)を策定しています。
 

第1回関係者ワークショップ(準備中)

ドローン関係イベントについて

本市のドローンに関する取組を広く発信するため、ドローンを用いたイベントの開催を予定しています。

具体的には、ドローンレース全国大会の開催に向けた誘致や併せて行うイベントの検討を進めています。

 

開催日 令和3年8月28日(土曜)、29日(日曜)予定

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 総務部 政策企画課
政策企画チーム
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話  :0847-43-7239(窓口業務時間
ファクス:0847-46-3450

メールによる問い合わせ