府中市土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップとは

土砂災害に対して避難する場所や注意すべき箇所など地図上にまとめて表示したものです。
家族や地域で災害について話し合う際の資料として活用しましょう。

土砂災害ハザードマップの作成について

土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律に基づき、広島県が行う土砂災害危険区域等の調査及び指定を受けて「土砂災害ハザードマップ」を作成しています。
現在、調査及び指定は小学校区ごとに行われております。
今後、指定を受けた地域から順次作成していく予定です。

土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律について

平成11年に広島県で発生した土砂災害をきっかけとして、国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域について危険の周知、警戒体制の整備、住宅等の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進等のソフト対策を推進しようとするものです。  

土砂災害防止法に関する基礎調査実施計画について

広島県では、土砂災害防止法に基づく基礎調査を平成30年度までに完了させることを目標としています。
目標の達成に向けて基礎調査実施計画が策定されています。

府中市土砂災害ハザードマップ一覧

防災・減災のしおり

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 危機管理監 危機管理室
危機管理チーム
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話  :0847-43-7211(窓口業務時間
ファクス:0847-46-3450

メールによる問い合わせ