ホテル、旅館、簡易宿所などを開設される人へ

ホテル、旅館、簡易宿所などを開設する場合は、旅館業法の規定により、あらかじめ開設届を提出し、その構造設備の確認を受ける必要があります。 説明資料や申請書類は市民課で配布しています。

開設までの流れ

  1. 準備・相談 施設の構造や書類の作成について、まず市民課生活衛生係にご相談ください。 (その他関係機関にも相談してください。)
  2. 開設届の提出 必要書類を開設の約20日前までにご提出ください。
  3. 施設検査 施設の構造設備の確認に伺います。
  4. 確認証の交付 施設検査の結果、基準に適合していることが確認できると、確認証を交付します。
  5. 開店

提出書類

  • 開設届
  • 平面図
  • 施設付近の見取図
  • 玄関帳場(フロント)の構造図
  • 消防法令適合通知書
  • 検査済証又は仮使用承認通知書の写し
  • 定款又は寄付行為の写し(法人による届出の場合)
  • 手数料 22,000円

その他の届出について

次の事項が生じた場合は、すみやかに届け出てください。


【変更届】

  • 営業者の氏名、住所等
  • 営業施設の名称
  • 法人の名称、事務所所在地、代表者氏名
  • 施設の構造設備 など

注:営業者の変更、店舗の移動、大幅な構造設備の変更等の場合は、一旦施設を廃止し開設の手続きが必要となります。

【廃止届】

  • 営業を廃止した場合

【承継届】手数料 7,400円

  • 相続又は合併・分割により、営業者の地位を承継した場合
この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 市民課
生活衛生係
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話  :0847-43-7207(窓口業務時間
ファクス:0847-46-3450

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください