セルフメディケーションについて

セルフメディケーションとは

   セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任をもち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」(WHOの定義)です。

   日頃から、自分の健康状態を把握しながら生活習慣の改善に取り組み、市販薬など上手に活用しながら風邪のひきはじめや頭痛、軽度なけがの時に自ら治療することもセルフメディケーションにあたります。

セルフメディケーションへの取り組みのご提案

〇特定健診や定期健康診断の活用

   まずは、自分の体の状態を知ることが大切です。健康診断などは、体の変化・状態、病気の予防・早期発見のための情報を得る大切な機会となります。40歳以上の人を対象とした「特定健診」や勤務先で実施する定期健康診断を活用しましょう。

〇健康管理の習慣化

   普段から、適度な運動と栄養バランスのよい食事、十分な睡眠を確保し、体の自然治癒力を高めておきましょう。また、家庭でも、体重や体脂肪、血圧、体温などを確認し、推移を記録しておくことも、健康状態の把握に役立ちます。

〇OTC医薬品(市販薬)の活用

   OTC医薬品とは、医師の処方箋がなくても、薬局・ドラッグストアなどで購入できる医薬品(市販薬)のことです。日頃から自分の健康管理に努めていても、仕事・家事の疲れや天候などにより、体調不良になってしまうことがあります。風邪のひきはじめや軽微なケガの時に、OTC医薬品など上手に活用することもセルフメディケーションの取り組みになります。OTC医薬品を活用する際には、薬剤師と相談・確認しながら選択しましょう。

セルフメディケーション税制について

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 市民課
医療保険係
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地(市役所内)
電話  :0847-43-7142 (窓口業務時間
ファクス:0847-46-3450

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください