府中市耐震改修促進計画

府中市耐震改修促進計画(第2期計画)を策定しました

大地震発生における建築物の倒壊等は、人的被害を引き起こすだけでなく、火災発生や救助活動の妨げにつながるため、建築物の耐震化の推進は、地震被害を軽減させる上で大変重要になります。 府中市では、市民の生命と財産を保護するため、地震に強いまちづくりを目指し、平成29年3月に府中市耐震改修促進計画(第2期計画)を策定しました。

計画期間

平成28年度から平成32年度までの5年間

対象区域

府中市全域

府中市の住宅の耐震化の目標

府中市の住宅の耐震化の目標

現状
平成28年度末

計画期間中の目標値
平成32年度末

目指す姿
平成47年度末

60.4パーセント 75パーセント

100パーセント

府中市の多数の者が利用する建築物の耐震化の目標

府中市の多数の者が利用する建築物の耐震化の目標

現状
平成28年度末

計画期間中の目標値
平成32年度末

目指す姿
平成42年度末

81.5パーセント 90パーセント

100パーセント

ダウンロード

府中市の耐震改修促進制度

広島県の計画

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 建設部 都市デザイン課
住宅政策係
〒726-8601 広島県府中市府川町315番地
電話  :0847-43-7156(窓口業務時間
ファクス:0847-46-1535

メールによる問い合わせ