親の力をまなびあう学習プログラム

「親の力」をまなびあう学習プログラムって何?

広島県では、「『親の力』をまなびあう学習プログラム(以下「親プロ」)を推進しています。
今日、インターネットで検索すれば子育てに関する情報があふれています。しかし一方で、実際の生活場面では、「気軽に相談できる人がいない」など、親の「孤立化」も指摘されています。
「情報の海」の中で、どの情報が自分に合っているのか、どの方法なら自分にも「すぐに」実行できるのか。それを自ら選び取る力、子育てに関して「自ら気づき、学ぶことのできる力」が、今何より親に求められています。
子育てに必要な知識や技術そのものの習得というよりも、自分に必要な知識や技術について、親が「自ら気づき、学ぶことができる力」を高めていく。それが、このプログラムの目的です。

府中市においてもこの学習プログラムを活用した事業を推進しています。
この「親プロ」は、子育てに関わるすべての人を対象としたプログラムで、中学生・義務教育学校後期課程の生徒・高校生といった青少年から子育てを支援する世代の方まで、幅広い方に利用していただくための様々なプログラムを用意しています。

親の力を」まなびあう学習プログラムを開催するには?

「親プロ」のメニューを掲載しています。

「親の力」をまなびあう学習プログラム開催までの流れについては下記からご覧ください。

「親の力」をまなびあう学習プログラムに関する詳しい情報は?

「親の力」をまなびあう学習プログラムに関する情報は広島県のホームページに掲載されています。

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 教育部 教育政策課
教育推進係
〒726-0003 広島県府中市元町1番地5
電話  :0847-43-7176(窓口業務時間
ファクス:0847-45-4233

メールによる問い合わせ