風しんの追加的対策(昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性に対する風しん抗体検査・予防接種)

風しんの抗体保有率の低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、風しんの抗体検査を実施し、抗体検査の結果、「十分な量の風しん抗体がない人」に対して予防接種を実施します。(どちらも費用は無料です。)

 

・風しんは急性の発疹性感染症で、感染後2~3週間の潜伏期を経て、発疹、発熱、リンパ節の腫れが見られます。妊婦が妊娠初期(20週以前)に風しんに感染すると、赤ちゃんが目や耳、心臓などに障害を持って生まれる可能性があります。

・検査の結果、十分な抗体価がないと判明した方は、予防接種を受けましょう。

風しんリーフレット1
風しんリーフレット2

クーポン券について

令和3年度末に、対象でまだ受けられていない方へ、クーポン券を送付しています。

●クーポン券は全国の実施機関で使用できます。

●府中市から転出された場合は、同封したクーポン券は使用できません。転出先の市区町村で発行手続きをしてください。

 

※令和元年、令和2年にも対象の方へクーポン券をお送りしています。重複受診にはご注意ください。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

有効期限

2025年(令和7年)3月31日まで

再発行について

紛失等でクーポン券がない方は、健康推進課(47-1310)へご連絡ください。

風しんの抗体検査・予防接種の実施方法について

抗体検査(無料)

【実施機関】
・府中市が実施する特定健康診査及びがん検診
・勤務先の企業の健康診断
・全国の指定の医療機関

【必要なもの】・・・必ずご持参ください。
・クーポン券
・健康保険証等の本人確認書類

健診の結果、「風しんの定期接種 対象」と認められた場合

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

予防接種(無料)

【実施機関】
・全国の指定の医療機関

【必要なもの】・・・必ずご持参ください。
クーポン券
・健康保険証等の本人確認書類
・抗体検査の結果がわかる資料(抗体検査受診票

 

実施医療機関

医療機関・健診機関の皆様へ

府中市から対象者の方にクーポン券をお送りする際に、「抗体検査受診票」及び「予防接種予診票」は同封していません。
「抗体検査受診票」及び「予防接種予診票」は、厚生労働省ホームページ又は日本医師会ホームページからダウンロードしてご使用ください。

また、予防接種に使用する風しんワクチンについては、医療機関において準備(購入)してください。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 健康福祉部 健康推進課
元気づくり係
〒726-0011 広島県府中市広谷町919番地3(リ・フレ内)
電話  :0847-47-1310 (窓口業務時間
ファクス:0847-47-1320

メールによる問い合わせ
メールによる申請はできませんのでご注意ください