府中八幡神社末社天満宮本殿

府中市指定有形文化財−府中八幡神社末社天満宮本殿

府中八幡神社末社天満宮本殿の写真
府中八幡神社末社天満宮本殿の概要
名称(よみがな) 府中八幡神社末社天満宮本殿(ふちゅうはちまんじんじゃまっしゃてんまんぐうほんでん)
指定種別・種類 府中市指定重要有形文化財・建造物
指定年月日 平成12年2月14日
所在地 広島県府中市出口町162
所有者 宗教法人府中八幡神社
解説 当社は、八尾城の守護神であったと伝えられるが、荒廃していたため、地元民が現在地へ社殿を再興した。21年をかけて募金を集め、元禄5年(1692年)に新社殿を造営したが、その後さらに壮麗な本殿を新築したため、元禄再建の旧殿は天満宮本殿に転用されて現存している。この地方によく見られる本殿形式だが、最古級のものである。建立当時の部材がよく残っており、保存状態がよい。
公開状況 常時公開
交通案内 JR「府中駅」から北へ約1.9キロメートル

 

この記事に関するお問い合わせ先

広島県府中市 教育部 教育政策課
文化財室 文化財係
〒726-0003 広島県府中市元町1番地5
電話  :0847-43-7180(窓口業務時間
ファクス:0847-45-4233

メールによる問い合わせ